ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

イベント

平成25年度「種の里」棚田オーナー体験について

[更新日:2013年7月30日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成25年6月2日

平成25年度「種の里」棚田オーナー体験活動の様子

 

 田植え体験(6月2日 日曜日)

 8回目を迎えたグリーン・ツーリズム白萩南部地区推進協議会主催の棚田オーナー体験がスタートしました。今年も町内外・県外から14組25名の申込みがありました。
記念撮影

 

 地元の方々とのふれあい。「苗足りとるんか?入れてやるぞ」「ありがとうございます。がんばります」
地元の方々とのふれあい

 

 「おっとっと」慣れない田植えに足元がすくわれます。このあと、何回も田んぼのお風呂につかってしまいます。
おっとっと

 

 「種の里」棚田オーナーの看板は何歳の方が作ったと思いますか?なんと、80歳を超えた方と聞いています。小刀を持った夫と棒を持った妻?夫婦の仲の良さを表現されているのでしょうか。
看板

 

 午後は二班に分かれて山菜摘みへ。少ないと聞きながらも結構ありました。家へ帰ってからの調理も楽しみです。
山菜

 

  草刈り体験(7月21日 日曜日)

 田植え体験に続いて、今度は草刈り体験。9組、13人の会員に参加していただきました。実際に草を刈る前に、JAアルプスの村井指導員に稲の生長具合について説明してもらいました。
説明

 

 秋の収穫時においしい米を食べられるように、皆さん一生懸命に草刈り機で草を刈っておられます。
草刈り

 

 汗をかいて一仕事のあとには、山菜を中心とした昼食です。山菜汁はなつかしい味がしましたね。今度の稲刈りの時にまたみなさん会いましょうね。
昼食

 

 稲刈り体験(9月29日 日曜日)

 「種の里棚田オーナー事業」の最後の体験の稲刈りが行われ、今回は県内外から8組、14人が参加しました。こどもたちも、稲刈り・わらでの束ね方など、一生懸命学びました。教えてくださるのは、富山農林振興センターの淺野真宏さん。ありがとうございます。
 稲刈り

 

 続いては、はさ掛け。自然乾燥するからおいしいお米が食べられるんですよね。地元の方に稲束をきれいに掛けるこつを教えてもらいました。親子で楽しくはさ掛けを楽しみました。
はさがけ

 

 お昼は、ごはんと山菜のつぼ煮など。伊東町長も公務多忙の中、来賓として出席されました。
昼食

 

 午後からは森林の枝打ち体験。講師として立山山麓森林組合の水井課長を招き、枝打ちとは何か?枝打ちの効果等について学び、実際にのこぎりを使って枝を切りました。
 枝打ち

 

 皆さん、おつかれさまでした。これで今年度の「種の里棚田オーナー事業」は終了です。はさ掛けにされた稲は後日脱穀され、玄米として30sが送られますので、皆さんそれまで楽しみに待っていてください。また、来年度もぜひとも参加してくださいね。
記念写真

 

お問い合わせ

上市町グリーン・ツーリズム推進協議会(上市町産業課内)
〒930-0393 富山県中新川郡上市町法音寺1番地
TEL:076-472-1111   FAX:076-472-1115
Email:info@town.kamiichi.lg.jp