ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住 ご意見・お問い合わせ アンケート
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

お知らせ

「水道」に関する情報

水道管の凍結防止策の一例

[更新日:2018年2月5日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

水道管の凍結防止策の一例

水道水が水道管内で凍結すると、

@ 水が出なく使用できない(生活に困る)

A 水道管の破損

B 水道管に据え付けてある機器器具類(ガス給湯器やボイラー等)の破損など、色々支障が出ます。

凍結しやすい所は、水道管に保温材や断熱装置が施されていない露出の水道管が多いです。

また、一般的に家の外壁に据え付けてある水道管が凍結しやすいとお考えの方が多いですが、

床下であろうが、壁の中であろうが、零下の風が通りやすい所は凍結しやすいです。

元に部屋の断熱強化のため外壁と内壁に空気の層を作り、断熱効果を保っているお宅でも

そこにむき出しの水道管(最近主流の工法)があれば、凍結します。

まずは、厚手の保温材施工をするか若しくは、温度低下のセンサー付き又は手動で電源を入り切り

できる熱線巻き施工をするようお勧めします。

お手軽にできる凍結防止策を写真で紹介します。

コマ式  左の写真はコマ式の蛇口です。(たまたまお風呂場で撮られた写真です。)

天気予報などで、「今日は気温が下がるでしょう(零下)」など予報があった場合は、コマ式蛇口から少量の水を

出しましょう。(この際水道使用料金に跳ね返ってきますが、凍結による水道管の破損費用よりも安価です。)

ボール式 この写真は洗面台で撮られた写真です。これはボール式混合栓蛇口と言いい、

もっとも良く使用されるようになりました。

ボール式蛇口

しかし、水道水の水流で蛇口の中にある(ボール止水)弁が摩耗し、止まらなくなる恐れがありますので、

コマ式の蛇口で、少量(白糸くらい)の水を出しておけば、凍結は、ほぼ防ぐことができます。

ご注意ですが、完全に凍結しないことではありません。富山県の平野部では動いている水は凍結しませんが

極寒地帯では、河川の水でも凍結するように、絶対的な事はないと思ってください。

お問い合わせ

上下水道班