ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住 ご意見・お問い合わせ アンケート
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

お知らせ

「ペット・動物」に関する情報

犬などのお散歩に出かけるときのマナー

[更新日:2019年12月9日]

犬などのお散歩に出かけるときのマナー

公園や街をお散歩するのは最高にハッピーな時間。
でも、楽しいからといってマナー違反には気をつけましょう。
犬好きの人にもっと愛される、犬嫌いな人にも認めてもらえるように、心配りを忘れずに。

ウンチは必ず持ち帰りましょう

犬のトラブルやクレームで多いのが放置ウンチ。犬と一緒に遊ぶことのできた公園も
放置ウンチが原因で「犬・立ち入り禁止」になってしまうかもしれません。
愛犬のウンチは必ず持ち帰りましょう。

公共のゴミ箱に捨てるのもNG。愛犬がウンチをしたら、小石や土などは取り除いて
拾い、自宅などに必ず持ち帰ってください。

リードなどをつけてお散歩をしましょう

リードをつけずに散歩をしている姿を見ることがあります。
しつけができているかどうかは他人にはわかりませんし、
犬嫌いな人の中には小型犬でも恐いと感じる人もいます。
通行人に無用な恐怖心や警戒心を与えないようにすることも大切です。
公園や街中など公共の場所ではリードをつけてお散歩をしましょう。

また、リードは愛犬を事故やトラブルから守る命綱ともいえます。
フレキシブルリード(伸縮リード)は、ストッパーをかけて短めに持ち、
自由に遊ばせられる広いところに行ったら、伸ばして、いろんなニオイを
かがせてあげましょう。

夕暮れ時などの薄暗くなる時間のお散歩

 お散歩に連れて行く人はもちろんですが、家族の一員となっている「ペット」にも

交通事故などに配慮し、反射材などを着けてあげましょう。

もしも、急に飛び出して、自動車などに接触し、ケガなどをさせた場合

かわいそうです。

 飼い主が、「ペットの命」を守りましょう。

参考:環境省自然環境局

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/how.html

お問い合わせ

生活環境班