ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

外国人住民の方も住民票に登録されます!

[更新日:2012年6月13日]

第171回国会において「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」及び「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が成立し、平成21年7月15日に公布されました。

 

新しい制度の導入に伴って外国人登録制度は廃止され、外国人住民についても日本人と同様に住民基本台帳法の適用対象になります。

 

新しい制度は、平成24年7月9日から開始します。

 


□住民票を作成する対象者

 


●新制度の対象者は、適法な在留資格を有し、在留期間が3か月を超える方のみとなります。「在留資格のない方」や「在留資格が短期滞在の方」などは対象となりません。

 

・対象となる外国人は日本人と同様に住民基本台帳の適用対象となり、住民票に登録されます。


・日本人と外国人の複数国籍世帯について、世帯全員が記載された住民票の写し等が発行できるようになります。


・住民票上の氏名は、法務大臣が発行する在留カード・特別永住者証明書の表記に従い記載します。漢字の氏名をお持ちの方については、漢字の字体が、法務省が定める基準により日本の字体に置き換えられる場合があります。

 

 

●中長期在留者(在留カード交付対象者)
 入管法上の在留資格をもって適法に日本に中長期間在留する外国人で、次のいずれにもあてはまらない外国人です。

 

・「3月」以下の在留期間が決定された人


・「短期滞在」の在留資格が決定された人


・「外交」又は「公用」の在留資格が決定された人

 
・ 上記の外国人に準じるものとして法務省令で定める人


・ 特別永住者


・ 在留資格を有しない人

 

 

●特別永住者(特別永住者証明書対象者)
 入管特例法により定められている特別永住者

 

 

●一時庇護許可者又は仮滞在許可者
 入管法の規定により、船舶等に乗っている外国人が難民の可能性がある場合などの要件を満たすときに一時庇護のための上陸の許可を受けた者(一時庇護許可者)や、不法滞在者が難民認定申請を行い、一定の要件を満たすときに仮に我が国に滞在することを許可された者(仮滞在許可)。

 

 

●出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者
 出生又は日本国籍の喪失により我が国に在留することとなった外国人。入管法の規定により、当該事由が生じた日から60日を限り、在留資格を有することなく在留することができます。

 

 


□上市町で行う手続き

 


・上市町から別の市町村に引っ越す場合は、事前に上市町に転出届をして転出証明書の交付を受けてください。


・引越し後14日以内に転出証明書と在留カード(特別永住者の方は、特別永住者証明書)を持って新住所の市町村で転入届をします。


・在留カード又は特別永住者証明書の提示がされずに、転入の手続きのみされた場合は、住居地の届出(在留カード等への新住所記載)のために後日手続きをしていただく必要があります。又、届出が適切に行われないと、刑事罰の対象になる他、中長期在留者の場合、在留資格の取消し対象となることがありますのでご注意ください。


・住所の変更や国民健康保険などは、今まで通り市区町村で手続きします。

 

 

□仮住民票を送付します
・外国人住民票の作成対象者の方には、外国人登録原票を基に仮住民票を作成して通知します。仮住民票に記載された内容で平成24年7月9日に住民票を作成します。

 

 

  発送時期は、平成24年5月初旬を予定していますので、内容確認にご協力をお願いします。

 


□正確な外国人登録のお願い
・住民票は外国人登録原票を基に作成されます。実際は新しい住所に引っ越していても、上市町に届けていない方は住所が確認できないため、住民票が作成されない場合があります。新制度に円滑に移行するために、正確な外国人登録をお願いします。

 

 


 ※詳しい情報は関連のリンクをご参照ください。

 

 




関連のリンク

外国人住民に係る住民基本台帳制度について

お問い合わせ

町民課住基戸籍班
〒9300393 富山県中新川郡上市町法音寺1番地
TEL:076-472-1111(内147)   FAX:076-472-1115