ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

高額医療・高額介護合算制度

[更新日:2015年10月20日]

 この制度は、医療と介護の両方のサービスを利用している世帯の負担を軽減するためのものです。

 (1) 支給要件
   世帯内の後期高齢者医療制度の加入者の方全員がお支払された1年
  間(毎年8月〜7月末)の医療保険と介護保険の自己負担額の合計が、次の基準額を超
  える場合に、申請によりその超えた金額を支給します。

  ※ 医療保険の自己負担額または介護保険の自己負担額のいずれかが0円の場合は、
    支給対象になりません。

 (2) 支給額
   支給額 =(医療の自己負担額 + 介護の自己負担額)− 介護合算算定基準額

  ※ 上記の計算により、支給額が500円(支給基準額)を超えない場合は、支給対象にな
    りません。

 (3) 介護合算算定基準額
   基準額は、所得に応じて下記のとおり異なります。

  

区  分 基 準 額
@

被保険者証の負担割合が「3割」となっている方

(現役並み所得者)

67万円
A

@・B・C以外の方

(一般)

56万円
B

世帯員全員が市町村民税非課税の方

(低所得者U)

31万円
C

Bのうち、世帯員全員の所得が一定基準以下(年金
収入80万円以下等)の方

(低所得者T)

19万円



関連のリンク

医療給付について 【富山県後期高齢者医療広域連合】

お問い合わせ

医療保険班