ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

B型肝炎ワクチンの定期接種化のお知らせ

[更新日:2017年4月3日]

開始日

平成28年10月1日

対象

平成28年4月1日以降に生まれた0歳児
※ただしHBs抗原陽性の妊婦さんから生まれて、健康保険によりB型肝炎ワクチンを受けた赤ちゃんは
 定期接種の対象外となります。

接種スケジュール

生後2か月から9か月までを標準的な接種期間として、27日以上の間隔をおいて2回接種した後、
第1回目から139日以上の間隔をおいて1回接種します。1歳になる前までに合計3回接種します。
B型肝炎.png

 B型肝炎とは?B型肝炎ワクチンとは?

B型肝炎は肝臓の病気で、B型肝炎ウイルスの感染によって起こります。
感染状態が長く続くと、肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。
B型肝炎ウイルスは血液を介してだけでなく、唾液や体液(汗や涙)からも感染することがわかっています。
以前はお母さんから赤ちゃんへの垂直(母子)感染が主に注目されていましたが、最近では小さい頃から
保育施設などで集団生活を送るお子さんも多いことなどから水平感染のリスクも指摘されています。

ワクチンを接種することで、ウイルスへの免疫ができます。
免疫ができることで、一過性の肝炎や持続感染を防ぐだけでなく、まわりの人への感染も防ぐことができます。
また、世界的にもWHO加盟国では赤ちゃんのうちに接種するのが一般的です。

※予防接種を受けてもお子さんの体質等により免疫ができない場合があります。


お子さんの体調が良いときに、かかりつけの小児科で受けましょう。
その際、母子健康手帳も必ず持っていきましょう。

お問い合わせ

保健班