ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住 ご意見・お問い合わせ アンケート
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

「ペット・動物」に関する情報

犬や猫などのペットのフン害が問題となっています

[更新日:2018年6月1日]

犬や猫などのペットのフン害が問題となっています

 

一部の心ない飼い主の行為が街の環境を悪化させています

 

 道路や公園などの公共の場や他人の土地など、ところかまわずペットのフンが放置され、苦情が寄せられています。

フンの放置は、地域に住む多くの人々が不快な思いをするだけではなく、衛生上も好ましくありません

特に幼児は何気なく触ったり、時には口に入れてしまうこともあります

 

散歩中に排せつさせないようにしましょう

 

 犬の散歩の目的は排せつではなく、運動とストレスの解消、そして社会環境に慣れさせる事です。

自宅の決まった場所をトイレとして、そこに排せつするようしつけをしましょう。

 

お散歩バッグを持ちましょう

 

散歩に行くときは、フンを取る道具(紙、ビニール袋、スコップなど)や、おしっこを流すための水などを入れた、お散歩バッグを持ち歩きましょう。  

道や他人の敷地、川などにフンを放置・廃棄するのは非常識で、飼い主のモラルが疑われます

万が一ふん尿をしてしまった時は、飼い主が責任を持って片付けましょう

 

快適な生活環境をつくるために、飼い主一人ひとりの自覚と責任のある行動をお願いします。

 

※参考資料

 富山県動物愛護管理推進計画

 富山県動物の愛護及び管理に関する条例

 

 

 

 

お問い合わせ

生活環境班