ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

固定資産の評価について

[更新日:2013年4月30日]

 土地と家屋は3年ごと(H21年度、H24年度、H27年度・・・)に、償却資産は毎年度に、基準に従って適正な価額に評価替しています。
 この「固定資産税評価額」が固定資産税の計算の基礎になります。

土地の評価額

 宅地・農地(田・畑)・山林・雑種地等の地目ごとに固定資産評価基準に基づき、売買実例価格を基礎として土地の評価額を求めます。

 宅地は道路・家屋の疎密度・公共施設からの距離など、その宅地の利便性を考慮して標準地を選定します。さらに売買実例価格と比較した上で、それぞれの各筆の土地について評価していきます。

家屋の評価額

 評価の対象となった家屋と全く同一のものを評価の時点においてその場所に新築するとした場合にかかる建築費を基準にし、家屋建築後の経過年数に応じた価値の減少(減価)を考慮して評価します。

 評価後の額が評価替前の額を超える場合、評価額は評価替前の額に据え置かれます。

償却資産の評価額

取得価格を基礎として取得後の経過年数に応じた価値の減少(減価)を考慮して評価します。

 

お問い合わせ

課税2班