ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

山地災害事業

[更新日:2009年10月29日]

山地災害に備える

災害の起こりやすい地形

 日本は、険しい山が続く複雑な地形をしており、川の流れは狭く、急流が多い特徴があります。一方、環太平洋地震地帯の中に位置するため、地震や火山活動が活発な国でもあり、山崩れや土石流、地すべり、なだれ等の山地災害の危険を常に抱えている国といえます。

 

災害の起こりやすい気象条件

 日本の年間降水量は約1,800ミリで、これは、世界平均の約2倍です。日本はきわめて雨の多い国なのです。特に梅雨期や台風の時には局地的な集中豪雨が起こり、各地に大きな被害をもたらします。また、冬には多くの雪が降るため、春になると河川の増水やなだれの危険も高くなります。

 

 山地災害の危険信号を見逃すな!

 ・川がにごり、流木が混ざりはじめた。

 ・雨が降り続いているのに川の水位が下がった。

 ・普段澄んでいる沢や井戸の水がにごってきた。

 ・今まで枯れたことのない湧き水が止まった。

 ・山の木が傾いたり斜面に亀裂が走った。

 ・湧き水の量が急に増えた。

 ・山の斜面から石が転がり落ちてきた。

 ・地鳴りの音が聞こえてきた。

 

以上の信号をキャッチしたらすぐに避難しましょう。


山崩れが起こりやすい斜面 地滑りが起こりやすい山の斜面 土石流が起こりやすい渓流
山の斜面に亀裂や湧き水がある。 湧き水や地下水が豊富である。 渓流の勾配が急である。
岩石がもろく崩れやすい地質である。 断層があるところやもろくて崩れやすい岩石がある。 渓流に大きな石がごろごろしている。
過去に山崩れがあった。 火山作用あるいは温泉の作用で粘土化した土がある。 たくさんの土砂が堆積している。
山崩れがあった場所に隣合っている。   上流が山崩れなどで荒れている。
急斜面で、軟弱な地盤がある。   過去に土石流があった。
水の集まりやすい斜面地形である。    
ときどき落石がある。    
林道大辻山線 被災状況
林道大辻山線 被災状況
林道坪野蓬沢線 被災状況
林道坪野蓬沢線 被災状況