ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

地価が下がっているのに土地の税額が上がるのは?

[更新日:2013年4月30日]

Q 地下が下落しているのに、固定資産税(土地)が上がるのはどうしてですか?

 現在、課税の公平の観点から、負担水準(評価額に対する前年度課税標準額の割合)の
 均衡化を重視した税負担の調整措置が講じられています。
  宅地については、負担水準の高い土地は税負担を引き下げ又は据え置き、負担水準の
 低い土地はなだらかに税負担を上昇させる仕組みが導入されています。
  税負担が上昇する土地は、本来の課税標準額に比べて、現在の課税標準額が低いため、
 負担調整措置により、なだらかに税負担が上昇することとなります。
  

 

 


 

お問い合わせ

課税2班