ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住 ご意見・お問い合わせ アンケート
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

「防犯」に関する情報

防犯灯の設置について

[更新日:2017年4月1日]

 防犯灯は、防犯上の観点から夜間の歩行者等の安全を図るため、町内会(自治会)が設置と維持管理をしています。
 町では、町内会(自治会)が行う防犯灯の新設または取替(設置から10年以上経過したものに限ります。)について、1灯につき設置費用の2分の1を補助しています。(上限額は8,000円です)
 なお、設置費用は、防犯灯器具の設置に要した経費で、光源が20ワット以下のLEDに限定しています。

 この設置に関しては、町内会長(自治会長)が町へ届出をしてください。補助制度を活用しない場合や下記の設置基準に適合しない場合であっても、防犯灯台帳搭載のため設置届を町へ提出してください。
 
 防犯灯の維持管理(蛍光灯等の取り換え含む)は、町内会(自治会)が行います。蛍光灯等が切れている防犯灯があった場合は、自治会長(町内会長)へ連絡してください。
 
 町内会(自治会)が設置する防犯灯については、下記の「防犯灯設置基準」に適合すれば、町が電気料を負担します。



 なお、交差点等にある道路照明灯(主に水銀灯)の場合は、道路管理者(町道は町建設課、県道は県立山土木事務所)へ連絡してください。
 

 

防犯灯設置基準

  • 防犯灯は、公衆のために道路、橋、その他公共的施設に防犯用照明として設置するものであって、広告宣伝や、特定の団体、個人の利益目的のために設置する電灯以外のもの。
  • 光源は、20ワット以下のLEDを使用したもの。
  • 取替は、設置から10年以上経過したものに限る。(設置年数が分からない場合は、町民課生活環境班までお問い合わせください。)



資料

補助金交付申請書

 

 

お問い合わせ

町民課 生活環境班