ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

こども医療費助成制度について

[更新日:2017年4月1日]

こども医療費の助成内容

 

◆ 対象者

 

 上市町に住民登録をしており、健康保険に加入している中学校3年生修了前(満15歳になった最初の3月31日まで)のお子さんをもつ養育者(保護者)の所得が、下表の「児童手当特例給付」に準拠した所得限内である方

 

    【所得制限限度額表】

扶養親族

等の数

所得額

 

※扶養人数が1人増すごとに、所得制限限度額は38万円増加します。

※ 諸控除等がありますので、詳しくは児童班までお問い合わせ下さい。

国民年金加入者

厚生年金加入者

0

460万円

532万円

1

498万円

570万円

2

536万円

608万円

   

 ※ 前年の所得が制限限度額以上ある方は、101日から翌年9月末日まで医療費の助成を受けることができません。所得については毎年見直しを行うので、今年度却下になった方でも次年度所得が制限内であれば申請を行って下さい。

 

◆ 助成内容

 

 ○上記児童の通院・入院に係る医療で、健康保険の適用を受た医療費の自己負担分を助成します。(食事療養費や保険給付外の医療費は、助成象になりません。)

 

 ○小中学生については現物給付による助成は行いません。すべて償還払による助成となります。

 

 ○入院等の場合で健康保険組合等から高額療養費や附加給付金が支給される場合は、その額を控除した残額が助成の対象となりますので、先にご加入の健康保険組合等で手続きをお願いします。

 

 ○生活保護等の扶助を受けている方は、そちらを優先します。また、日本スポーツ振興センターの「災害共済制度」を利用される場合は、その給付の対象となる医療費については助成対象外となります。

 

◆ 申請方法

 

 ○病院等の窓口で支払った領収書を1ヶ月分まとめて、償還払申請の手続きをして下さい。申請用紙は児童班窓口で配布します。

 

 ○小中学生については、事前の資格登録の申請は必要ありません。医療費受給資格証も発行いたしません。

 

 ○養育者(保護者)の所得等を審査し、該当される方に町から指定口座に振り込みます。また、転入者の方等で所得証明書が必要な方は、別途ご案内いたします。

 

◆ 申請に必要なもの

 

 ○児童の健康保険証

 

 ○病院等の窓口で支払った領収書(児童の氏名、保険診療点数、診療日、領収額、領収印のあるもの

 

 ○振込先の通帳(ゆうちょ銀行以外で、養育者(保護者)名義のもの

 

 ○印鑑

 

◆ 申請窓口

 

 ○場所:上市町湯上野8 上市町保健福祉総合センター(アルプスの湯)2

 

 ○時間:午前830分 〜 午後5時15分(土日祝日を除きます。)

 

 ○担当:福祉課児童班  п@472-1111 内線 7233

 

 

  ※こども医療費支給申請書による申請の有効期間(権利の消滅時効)は、医療費を支払った日の翌月1日から(受診した日の翌月以降に支払った場合は支払った日の翌月1日から)5年間です。

 

お問い合わせ

児童班