ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

上市町の下水道事業

[更新日:2012年1月10日]

上市町の下水道事業

●上市町の下水道の種類

  上市町の下水道事業には、上市町が行っている上市町特定環境保全公共下水道と(以下、特環)と農業集落排水(以下、農排)があります。

  この他に、中新川広域行政事務組合が行っている中新川公共下水道(以下、公共下水道)と中新川公共下水道関連特定環境保全公共下水道(以下、関連特環)があります。

@公共下水道は、主に市街地の下水を排除、処理するものです。

A特環並びに関連特環は、市街地以外の農村や観光地等の下水を排除、処理するものです。

B農排は、農村地域の下水を排除、処理するものです。

 

●下水道の役割

@生活環境の改善

 下水道の役割は、生活に伴って生じる汚水を速やかに排除することにより、汚いドブや溝がなくなるとともに、蚊やハエの発生を防ぐことができ、まちがきれいになります。また、清潔で快適な水洗トイレが使えるようになり、快適な生活環境となります。

A公共用水域の保全

 家庭や工場からの汚水が処理場まで運ばれ、適切に処理されて川や海へ放流されるので、公共用水域の水質保全に役立ちます。

 

●下水道の全体計画

◎上市町全体では、平成27年度までの全町下水道化を目標としています。

 

 

事業主体 事  業  名 計画面積 計画処理人口 完了目標年度
中新川広域行政事務組合 中新川公共下水道   597ha 14,010人

平成27年度

 

 

平成29年度

中新川関連特定環境保全公共下水道 62ha 1,490人
上市町役場 上市町特定環境保全公共下水道 117ha 3,900人 平成21年度完了
農業集落排水   245ha 4,000人 平成16年度完了
1,021ha

23,400

 
               
浄化センターについて          
事 業 名 施 設 名
中新川公共下水道 中新川浄化センター
中新川関連特定環境保全公共下水道 (上市町・立山町・舟橋村)
特定環境保全公共下水道 石仏浄化センター(森尻処理区)、神田浄化センター(柿沢処理区)
農業集落排水 黒川浄化センター(黒川地区)、郷柿沢浄化センター(郷柿沢地区)
久金浄化センター(相宮地区)

●下水道の整備状況

 農排は平成2年度から事業着手し平成18年度末までに、面積88ha,管渠延長35kmを整備し、特環は平成3年度から事業着手し平成18年度末までに、面積112ha,管渠延長41kmを整備しました。

  


●平成20〜平成21年度の概算事業費、整備予定箇所
特定環境保全公共下水道整備年度 整備延長(km) 概算事業費(百万円) 主な整備箇所
平成20年度(予定) 0.8 80 大松新、大松、大岩
平成21年度(予定) 0.4 40 大岩



関連のリンク

中新川広域行政事務組合(中新川公共下水道)

お問い合わせ

上下水道班