ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

総合計画の意見募集について

[更新日:2010年11月29日]

平成2211月4日(木)から同月19日(金)までの間、第7次上市町総合計画(素案)に対する意見募集を行った結果は、次のとおりでした。

年齢 性別 番号 内容
70歳代 男性 1 「福祉の充実」、「顧客ニーズを捉えた多様なビジネスモデルの開拓」、「積極的な企業の誘致」、「積極的な起業」、「住民と行政とが協働してまちづくりを推進する」、「保有している町有地の適切な管理運用」と計画にあるが、これを切り口にして次のような取組ができないか。
○ 高齢化が進行し、認知症要介護者の絶対数が多くなる中、グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の入居希望が増加しているが、満室の状況である。
○ 定員18人のグループホームを新設すると、約20人の新規雇用が創出され、福祉政策のみならず、雇用対策にも貢献することとなる。
○ 未利用の町有地を活用して、グループホームの誘致を行ってはどうか。
○ 事業を行うに当たっては、多様な事業者が共同で設置・運営するとともに、その事業者の得意分野を活かした事業展開を住民との連携により進めることが可能ではないだろうか。
40歳代 女性 1 みどりの確保について 
公園を作るのはよいことだと思うが、夏場の木陰もない公園には行きづらい。公園に遊具がない。小学校にもブランコがない。子どもの一番好きな遊具が上市町の公園にないのはなぜか。
遊具、緑地、ベンチ等、その場所にとどまることのできるようなものを配置し、今ある公園の内容を充実してもらいたいと思う。
コンビニ・薬局の駐車場については、景観を損ねている感があるので、緑化の指導をしてほしい。コンビニがどんどんできてはつぶれ、大きな駐車場だけが残ってしまい、このままでは、アスファルトの駐車場だらけになるのでは。
2 林業について
里山の保全と言っているが、間伐材の利用促進をされたい。
間伐材を利用した遊具もそのひとつである。間伐材を提供し、遊具、敷石を設置する方法はどうか。
木材にすると、やはりメンテナンスが必要となってくるが、それも含めて利用者に理解をしてもらい、住民みんなでメンテナンスを行うべき。それによって、皆さんが大事に使っているし、せっかくだからと利用すると思われる。
里山の保全について、もう一ついえるのは、林業従事者の高齢化である。小学生等の若い世代にその現状を話す機会を持ち、実際に山の保全に関わるような授業を提案されたい。
また、環境問題(CO2)も踏まえて教育すべき。伐採、環境の話につながるのだが、最近、薪ストーブの設置に補助金を出す行政も出ている。薪の確保は、山の整備と一緒に薪を取得できるようにすれば、一石二鳥では。まず、薪ストーブの設置を誘導し、そして、薪の確保を保障すれば、山にも環境にもいいと思う。富山市にペレット工場もできたので、ペレットを利用するのもありだと思う。
3 定住について
住宅団地の造成によって定住の促進をしているようだが、住宅団地のあり方も@と同じである。
また、空き家も増えてきている。住宅団地を新しく作るのではなく、空き家になっているところに人を入れることもひとつの方法だと思う。
特に市街地では、若い人たちが都会に出て行ったきりで、若い世代がいない。新たに若い世代をその町内に入れる方法を考えなくてはならないと思う。
住宅団地は、田んぼをつぶして作るので簡単だが、町の中がどんどん人がいなくなってしまう。既にカミールあたりは、そのような感じではないか。
新しく建てるのではなく、まちなかに移住するような住まいを整えるべきと思うが、いかがか。
4 医師住宅の改築について 
医師のまちなか移住を促進させたらいかがか。
医師不足であれば、快適な住環境を整えれば、お医者さんも移住してくれるのではないか。
5 行政の力のみで町に活気を取り戻すには無理があると思う。
個人的に思うことは、若い世代をどう取り戻すかを考えるべきであり、個人的な希望だが、上市駅の周辺ではなく、公園などのほか、いろいろなものを役場周りに全てを集中させ、その中にいろいろなものを企画すればいいと思う。そんなところを素敵に作ってほしい。「素敵」ということが大切だ。若い方は、きっと心地よいところを探しているのだと思う。
若い人にとって素敵とは、決して東京の街並みを求めているのではなく、上市にあったものを提供すればいいのだと思う。
そして、「うれしいことに剱がある」という言葉とおり、グリーンツーリズムをもう少し観光化すべきだ。
行政だけで何かをするのではなく、行政と連携して活動している企業に目を向け、企画を出し合っていくのもいいのではないか。
全てにいえることは、林業、定住その他の関係をうまくつなげるようなことはできないか。



資料

総合計画素案

お問い合わせ

企画班