ホーム

大蛇のお話

 大蛇のお話

つぶら池(浅生)

浅生の釜池(浅生)

滝橋の大蛇(釈泉寺)

大滝の大蛇(大岩)


 つぶら池(浅生)

むかし、むかし。塔倉山のふもとの村に、仲のよい若夫婦がいてのう。二人 は、毎日毎日野良仕事に精を出して、しあわせにくらしておったと。

やがて、玉のような赤ちゃんが生まれてな。二人は大よろこびで、田や畑へ 行く時も、山へぜんまいをとりに行く時も、赤ちゃんをつぶら(わらであんだ かご)に入れて連れていくほどのかわいがりようだったそうな。

ある日、いつもいく池のふちに、赤ちゃんを入れたつぶらを置いて、少しは なれただんだん畑で働いておった。すると、そこへ、一人の見知らぬ女がやっ てきたと。そして、その女は、つぶらの中でねむっている赤ちゃんをみつけた がや。女は、赤ちゃんをじっとながめ、そのうちに、

この子がほしやこの子がほしや
この子がほしや
と、うたったと。三べんうたうと、たちまち大蛇になって、つぶらもろとも、 くるくる、くるくるとまき、池の底へ連れ去ってしもうた。
「何するが。坊や、坊や。坊やを返してっ。」

お母さんは、気ちがいのようになって、泣きさけびながら、池のまわりを走 りまわったと。そうしたら、大蛇が出てきて、もう一度だけ見せてあげる、と いって、つぶらごと高く池の上にさしあげ、またしずんでいってしまったと。

そのあとは、水の上に、五、六本のわらくずがうき上がってきただけで、い くら泣きさけんでも、池はしいんとしておったと。

それから、この池を"つぶら池"というようになったそうな。

後に、このわらの上に葦が生えしげって、それがうき島になってのう。小さ なうき島は、雨がふる時は北東へ、晴れた日には南西へ、ただよい流れたそう な。付近の人は、このうき島の流れただよいかたによって、明日の天気をうら なっていたということじゃ。

これは、雨の日には、お母さんが、雨のふらない北東の山や畑へ働きに行き、 晴れた日は南西のしめった所へ出かけていったからで、赤ちゃんのうき島が、 お母さんをしたって流れるのであろうと、言い伝えられておるがのう。



TOP


 浅生の釜池(浅生)

大岩のずっとおくに、塔倉山という山があるのを知っておろうのう。

むかし、むかし、この塔倉山に、ひとりのたいへん美しいお姫さまが、 すんでおったそうな。いつもは、山のふもとの大きな岩の上にこしをおろ して、炭焼き小屋から聞こえてくる笛の音を、じっと聞いては楽しそうに しておられたが、空が晴れて月のかがやくばんになると、なぜか、月をな がめてはためいきをつき、さびしそうな顔をされるんだと。

炭焼き小屋には、たいへん気のやさしい若者がひとりいて、近くの木を きっては炭を焼いておったそうな。若者は、村一番といわれる笛上手で、 いそがしい仕事のあい間に、月をながめては笛をふき、岩のところへ行っ ては、さびしいお姫さまの心をなぐさめておったと。

ある月のきれいな夜のこと、お姫さまは、いつもよりもっとさびしそう にして、岩にこしをおろしておられたそうな。顔色は青ざめて、ときどき 大きなためいきをつかれる。若者は、いつものように笛をふいてなぐさめ るけど、姫はこの夜にかぎって、少しも喜ばれなんだと。
「姫さま、どうしたのですか。今にも泣き出しそうな顔をして。わたしに わけを話してください。わたしにできることなら、なんでもしますから。」

若者がどう言っても、どうにもならないことだといって、お姫さまは、 たださめざめと泣くばかりだったと。だんだん夜もふけてきたので、若者 はしかたなく、
「姫さま、今夜はだいぶおそくなったので、これでおいとまさせていただ きます。またあしたあいましょうね。」
と、帰ろうとしたら、お姫さまは、立とうともせずに、
「待って。悲しいけれど、たぶん今夜かぎりでお別れです。」
そういって、またまた泣かれたと。
「なんとまた、どうして急にそんなことをおっしゃるのです。姫さま、い つまでもここにいて、わたしの笛を聞いてください。」

そしたら、お姫さまは、泣きながらこんなうちあけ話をされたそうな。
「ほんとうのことを話しましょう。実はわたし、この山にむかしからすん でいる大蛇なのです。今年はちょうど天へ帰らなければならない年に当た っていて、あすの夜がいよいよ昇天の時なのです。それで、帰るころにな るとこの山一帯に嵐が起こり、あたり一面どろの海になるはずです。あな たがこの炭焼き小屋にいると死んでしまいます。わたしはお友だちになっ たあなたを、見殺しにすることはできません。どうか、夜明けを待って、 山をおりてください。やがてまた、美しい笛の音の聞ける日がくるのを待 っています。けれども、この話はけっしてだれにも言わないでください。 もし話すと、あなたの命はなくなります。」
それだけ言うと、お姫さまのすがたは、だんだん山の中へ消えていったん だと。

さて、若者は、この話を聞いてあまりのおそろしさに、こしもぬけんば かりにうろたえて村へにげ帰った。そして、思いなやんだあげく、村じゅ うの人にこの話をしてしもうたんだと。村人たちもびっくりして、何かよ い考えはなかろうかと、みんなで相談をしたそうな。
「むかしから、大蛇は鎌が大きらいだと聞いておる。今すぐ村じゅうの鎌 を集めて、山へ登ろう。」
と長老がいったので、村じゅうの鎌を残らず集めて山に登り、お姫さまが いたという山をめがけて、ソレ、ソレ、ソレ、ソレ、と、力いっぱい投げ つけた。

すると、今まで晴れていた空が黒雲につつまれ、ものすごい地ひびきを たてて山がくずれ、大雨になったと。どろ水は大きなうずをまき、あたり の大木は、バリバリッとうずの中にたおれこんでいったそうな。きもをつ ぶした村人はあわてふためき、命からがら村へにげ帰ったと。

次の朝、夕べのものすごかったことを思い出し、ゆめでなかったかと、 村じゅう総出で山へ登ってみた。するとまあどうだろう。きのう、鎌を投 げたあたりが、満々と水をたたえた一面の大きな池になっておったと。

恩人の若者のすがたはどこをさがしても見当たらなかったそうな。村人 たちは、それからこの池を"鎌池"というようになったんだと。

今では「鎌」の代わりに「釜」の字を書いて"釜池"とよんでいるがのう。



TOP


 滝橋の大蛇(釈泉寺)

むかし、むかしのことでした。上市川の上流に、釈泉寺という村がありま す。その村のむこう岸に、"滝谷川"という、たいそう流れの急な川があって、 上市川へ流れこんでいました。この川には、名前のとおり、いくつもの滝が あって、今もそこに"滝橋"という橋がかかっています。

この橋の下には深いふちがあって、あたりには大きな木がたくさんしげっ ており、日中でも気味の悪いところでした。そのふちには大蛇が棲んでいて、 はげしい風雨を起こしたり、夕方になると、美しい娘のすがたになって、近 くの大きな桂の木の下に立って、そこを通る村人にいたずらをするので、村 人たちも気味悪がって、夕方になるとそこを通らなくなりました。

この村に、たいへんかしこい、元気な若者がいました。そして、日ごろ村 人たちが大蛇にからかわれているので、ひとつ、反対にからかってやろうと 思いました。

ある夏の夕方、その桂の木の下の横を通ると、やっぱり娘のすがたになっ た大蛇が、立っていました。最近は、あまり人が通らないので、娘の方もた いへんたいくつそうでした。若者は、その娘のそばへ行き、
「娘さん、娘さん。だれでも、いろいろとすきなものと、きらいなものがあ りますが、あなたの大きらいなものは何ですか。」
と、たずねました。

すると、娘は、へんなことを聞くな、という顔をしながらも、
「わたしの一番きらいなものは、タバコのやにです。あれは、見るだけでも、 身の毛がよだつくらいです。」
と、言いました。

若者は、これはうまいことを聞いたと、大喜びで村へ帰り、
「みなさん、みなさんがいつもいじめられていた大蛇を、こんどは、反対に いじめてやりたいと思います。大蛇のきらいなものは、タバコのやにだとわ かりましたので、タバコのやにを、なるべくたくさんためておいてください。 二、三日のうちに集めにまわりますから。」
と、村じゅうふれてまわりました。

さあ、村じゅう大さわぎです。今まで何回も、大蛇にいじめられているも のですから、今こそかたきをとりたいと、タバコをすえないのに、むりをし てすう者などもあったりして、たくさんのやにが集まりました。

そこで、バケツに入った、たくさんのやにを持って、若者は村人たちに見 送られながら、元気に滝橋へ向かいました。

桂の木の下に来ますと、いつものように美しい娘にばけた大蛇がいます。 若者は、
「娘さん、娘さん。あなたの大すきなものを持ってきてあげましたよ。」
と言いながら、やにわに、バケツに入ったタバコのやにを、頭からざざっと かけ、
「わたしの一番きらいなものはお金で、ことに大判、小判は大きらいだ。」
と言って、いちもくさんに、にげ帰りました。

それから四、五日たったあるばん、若者が、家でむしろをおっていると、 表のほうで、"チャリン、チャリン、ガチャ、ガチャ"という音がしたので、 何ごとかととびだしてみると、なんとまあ、大判、小判が山のように積んで あるではありませんか。

それから若者は、たいへん裕福になったということです。



TOP


 大滝の大蛇(大岩)

大岩川の上流、大滝のあたりに、胴まわりが二十センチメー トルもあろうかと思われる、黒い大きい蛇がすんでいるそうな。 この大滝からさらに五十メートルほど上流に、布を流したよ うに流れ落ちる滝があって、これを流れ滝というておった。そ の滝の上の方に、これはまた大きい松の木が一本あってのう。

むかし、むかしのことじゃ。村の年寄りが、この松の木に大 滝の大蛇がまきついて、赤いものすごく大きい口をあけて、目 玉をどんぐり開いて、竜のように天をあおいでいるのを見たそ うな。

この谷は煙草谷というて、日石寺所有の山なのじゃ。この蛇 は、浅生の釜池と煙草谷との間を、いったりきたりしているが、 人間にはぜったいに顔を見せず、胴だけ見せるのだそうな。

むかしから、この大蛇を見た人は、一生びんぼうしないとい われているわのう。



TOP