ホーム

怪物と動物のお話

 怪物と動物のお話
往生がま(西種)

稗田の鬼(稗田)

三本杉と天狗(神明町)

いたずらぎつね(森尻)

かっぱのガンザブロウ(蓬沢)

きつねの嫁入り(北島)

きつねお宮(法音寺)


 往生がま(西種)

いまはもう、あまり見ることができんようになったがのう。むかしは山の近 くに住んでいる人たちの中には、田の仕事がひまになると、山へ行って炭を焼 いて生活をしていた人たちがたくさんおってのう。白萩の西種という村にも、 そんな家が何げんもあったもんじゃ。

そのうちの一けんに、たいそう兄弟仲のよい家があったんじゃが、ざんねん なことに、お父さんが病気で、あす死ぬかもわからないほどじゃった。でも兄 弟はこれにひるまず、おたがいに助けあって、お父さんのかん病はもちろん、 田んぼの仕事や炭焼きまでして家を守っておるもんで、近所の人たちはみんな 孝行兄弟というて、自分たちの子どもの手本にしておったそうな。

この家の炭焼場は、家から二時間半ほど山に入った「うしろ谷」というとこ ろにあって、兄さんの方は、お父さんのかん病を弟にまかせ、自分はとまりこ みでいっしょうけんめい炭焼きをしとったと。

ある日の夕方、兄さんが炭を焼いていると、
「あんちゃん、あんちゃん。」
という、弟のよぶ声が聞こえた。はて、今ごろどうしたんだろうと思っている と、弟が大きな息をはきながら、
「あんちゃん、たいへんだ。お父っちゃんが死にかかっとられる。早く帰って くれ。あとはおれがやるから。」
と、言ったもんだから、かねてからかくごはしていたものの、びっくりした兄 さんは、あとは弟にまかせて、大急ぎで山を下りて家に帰ったと。

ところが、お父さんは床から起きて夕飯を食べていなさるさいちゅうで、山 に残っているはずの弟も、お父さんの横できゅうじをしているではないか。兄 さんは、お父さんが元気だったので、ひと安心して今のできごとを話すと、
「それはたいへんだったのう。それはきっと山おくに住むムジナのしわざにち がいない。だが、よう帰ってきてくれたのう。」
と、お父さんは喜んでくれたが、兄さんは、ムジナにだまされたのが、くやし くてくやしくてたまらんかった。

それから半月ほどたったあるばん、兄さんがあい変わらず炭を焼いていると、 月を背にして弟がいっしょうけんめい、
「あんちゃん、あんちゃん」
と、言いながらかけてくるではないか。兄さんは、はっと、いつかの事を思い 出し、心の中では今にみておれと思いながら、表面ではたいへんおどろいたよ うに、
「おう、おっちゃんか、今時分何ごとがあったがかい。」
と、歩みよって行くと、弟は息をはあはあさせながら、
「あんちゃん、たいへんだよ。お父っちゃんのようだいが急に悪うなって、親 類のもんも来とられる。あんちゃんもすぐ山を下りてくれ。」
と、言うたと。

兄さんは、また前と同じ事を言って、案外ムジナもばかなもんだなと思いなが ら、
「えっ、そりゃたいへんだ。今、炭焼きがまを見てからすぐ山を下りるから、 お前も手伝ってくれ。」
と、おどろいたそぶりで言ったと。

二人は、炭焼きがまの所に行くと、兄さんはやにわに、
「やい、ムジナっ。この前はよくもだましてくれたな。こんどはそうはいかな いぞ。きょうはこの前のかたきをとってやるっ。」
と、言って、弟のすがたをしたムジナを炭焼きのかまの中に投げこみ、焼き殺 してしまったと。

さあ、兄さんは、これでやっとかたきをとることができたと、あくる朝、山 を下りて行くと、とちゅうで会った村の人たちが、
「このたびは、たいへんお気のどくなことで・・・・・・。さびしくなられた でしょう。」
と、おくやみを言うではないか。

はて、おかしいなあと思いながら家に着くと、家には黒いまくがつってあっ て、お父さんがほんとうに死んでおられた。そして、弟のすがたも見えんかっ た。

では、昨夜のできごとは・・・・・・・・・。

兄さんは、ほんとうの弟をムジナとまちがえて、殺してしまったのじゃった。

一度に父と弟をなくした兄さんは、それから家を出て、仏門に入り、二人の めいふくをいのったということじゃ。



TOP


 稗田の鬼(稗田)

むかし、むかし。稗田の黒川原というところに、一けんの鍛冶屋がありま した。たいへんな金持ちで、鍛冶屋敷とよばれる大きな屋敷をかまえ、広い 土地を持って、なに不自由のないくらしをしておりました。

しかし、この鍛冶屋にも一つのなやみがありました。それは、家の後をつ いでくれる男の子がいなく、女の子が一人いるだけだったということです。

そこで、主人は早く娘に婿をとりたいと思い、つぎのような立てふだを村 の辻々に立てました。

「このたび、わたしの娘に婿をむかえたいと思う。ただし、婿になる者に はじょうけんがある。そのじょうけんとは、夕方から明け方の一番どりが鳴 く間に、千本のやりを鍛えた(註1)者にかぎる。」

さあ、村じゅうはもとより、近郷(註2)近在では、よるとさわるとこの 話でもちきりになりました。金持ちでおまけに娘が美人というのですから、 希望者がたくさん集まりました。

その中に、前から娘におもいをよせていた鬼が、今こそと若い男にばけて 婿えらびに志願していました。

やがて、志願した若者たちが一堂に集められ、主人から、
「このたび、わたしの娘に婿をとるために希望者を募ったところ、たくさん の若い衆が集まってくれ、たいへんうれしく思っている。だが、立てふだに も書いておいたように、わしの家は鍛冶屋であるので、一夜のうちに千本の やりを鍛えるくらいの者でなくては、わしの娘の婿にはできない。これから 一人ずつ仕事場に入って、やりを鍛えてみせてほしい。」
と、言いわたされました。

そのばんから一人ずつ仕事場に入れられ、やりづくりを競うことになりま した。

しかし、ひとばんに千本のやりを作るのですから、なかなか人間わざで、 できるものではありません。やる者やる者みな失敗して、いよいよ若者にば けた鬼の番になりました。

そのばんは、いつもなら聞こえてくるふいご(註3)の音も、金床を打つ 音も、ぜんぜん聞こえてきません。主人はふしぎに思い、そっとのぞいて見 ると、なんと、若者は鬼のすがたになって、口から火を吐きながら鉄のぼう をのばし、みるみるうちにやりに作り上げていくではありませんか。主人は、
「これはたいへんなことになった。いくらなんでも鬼をだいじな娘の婿にす ることはできない。なんとかうまい方法がないものだろうか・・・・・・・・・。」
と、いっしょうけんめい思案しました。

仕事場では鬼がどんどんやりを仕上げて山と積んでいきますので、主人は 気が気ではありません。夜もだんだんしらみはじめました。

ふと、主人はうまい方法を考えつきました。主人は大急ぎで台所に行き、 やかんで湯をわかし、鶏小屋に持っていきました。そして、竹で作った止ま り木のつつの中に湯を流しこみました。

止まり木でねむっていた鶏は、だんだん足もとがあたたかくなってきたも のだから、これはきっと太陽がのぼってきたものと思い、ね過ごしてしまっ てはたいへんとばかり、あわてて、
「コケコッコー。」
と、大声で鳴きだしました。

千本にあと一本というところで、鶏が鳴きだしたのです。
「ちぇっ、残念・・・・・・。だが、まてよ。まだ暗いのに一番どりが鳴く ということは、きっと自分の素性(註4)がばれてしまったにちがいない。」

鬼は自分で作ったたくさんのやりをかかえるや、屋根をけやぶって空高く にげ去ったということです。


註1鍛えるここでは金属を熱し、たたいて強くすること。
註2近郷近くの村。
註3ふいご鍛冶屋が火をおこすのに用いるかんたんな風を送る道具。
註4素性血統、家柄、育ち。ここでは、自分が鬼であること。


TOP


 三本杉と天狗(神明町)

上市高等学校の横に、日露戦争の勝利を記念した神武天皇の銅像や、戦没 者の忠魂碑などのある、三杉公園があります。その三杉公園のまん中に、今 では、なくなってしまいましたが、大きな三本の杉の木がありました。なん ともりっぱな杉の木で、おとなが四人でようやくかかえられるほどの太いみ きが、空高くそびえていました。

「じまんするなよ三本杉ゃ近い
鼻の高い人見てござる」
と、むかしから子どものころに、よく言いはやしたもので、三本杉には天狗 が住んでいるといわれていました。

よく、子どものころ親に、いたずらしたときなど、
「三本杉の天狗が連れに来るぞ」
と、言われて、ほんとうにおそろしかったものです。

むかし、あるきこりが、三本杉の大きな枝を一本切ってきて、家で仕事を していると、なんとその夜、その家から火が出て、みるみるうちに上市じゅ うが火の海となり、あっというまに灰になってしまいました。その時から、 この三本杉を、神木(神様の木)としておまつりすることになったと言い伝 えられています。

この杉は、いつごろからあったかよくわかりませんが、もと、眼目の杉並 木の一部であったと言われています。四百年ほど前、上杉謙信が稲村城を攻 めたとき、立山寺の伽藍とともに杉並木も焼かれてしまい、この三本だけが 残ったのだそうです。

また、眼目の参道の入口が今の森尻だったので、森の尻の意味で森尻村と 名づけられました。もちろん、そのころの上市川は、森尻の方へは流れてい ませんでした。



TOP


 いたずらぎつね(森尻)

今から七十年ほど前(大正の初めごろ)は、まだ電車もなく、物を運ぶに はせいぜい荷車を使っていました。

滑川あたりの魚屋さんも、浜から天秤棒をかついで、前後のかごにいっぱ い魚を入れて上市まで売りに来ましたし、また上市からは、山の青草(うど、 よしな、ふきなど)を荷車につんで、滑川方面へ売りに行っていたものです。

そのころ、青ものの商売に朝早くから精だしている一人のおばあさんがい ました。このおばあさんは、若いころからこの商売を続けていましたから、 いろんな目にもあってきましたし、たいがいのことにはおどろかなくなって いました。でも、この時ばかりはおそろしかったと、話してくれました。

当時は、上市の火葬場ふきんは人家がなく、お寺だけのさびしい所でした。

ある時、滑川のお祭りで、そのおばあさんにたくさんの注もんがありまし た。おばあさんは、なるべく朝早いうちに滑川に着きたくて、荷車に青草を 山と積んで、夜の十二時すぎにはもう火葬場の前まで、おじいさんに送って もらってやってきました。

おじいさんと別れて五分もたったでしょうか。荷車を、おしたり引っぱっ たりするものがいます。おじいさんがまだおしてくれていたのかとふり向く と、ふうっとひと風ふいて、ちょうちんの明かりが消えてしまいました。
「おじいさん」
と声をかけても、返事がありません。おかしいなと思い、少しこわくなった ので、お念仏をいっしんにとなえました。

森尻をすぎたあたりで、また荷車をおしたり引っぱったり。そして、こん どは、風もないのに明かりがぱっと消えました。

おばあさんは全身耳にしますが、なんの物音も気配も感じません。こんど は、荷車の音に負けないほどの声でお念仏をとなえ、力をふりしぼって、し だいに足ばやに荷車を引きました。ついに大永田の村の中にある豆腐屋さん にかけこみました。

ようやく息をととのえ、早起きの豆腐屋の老夫婦にこのことを話しますと、
「ここらはきつねがいたずらするがいね。おそろしかったろいね。」

老夫婦も念仏をとなえながら豆腐作りに精を出しました。

東の空がしらみ始めるころ、老夫婦に送られて、おばあさんは滑川へ急い だということです。



TOP


 かっぱのガンザブロウ(蓬沢)

蓬沢の村のはずれを流れている下田用水は、昔から川下の下 田村の田んぼをうるおしておりました。その用水の中ほどにけ わしいがけがあって、絶壁の下をえぐるように、早月川の水が よどんでふちになっている所があります。その場所は、「ガンザ ブロウ」と呼ばれています。

むかし、そこに、かっぱのすがたをしたかいぶつがすんでお って、子どもをさらうやら、大人をだますやら、悪さのかぎり をつくして村人を困らせておりました。人々はそれを、「かっぱ のガンザブロウ」と呼び、たいそうおそれておりました。

ある日のこと、村の笹林久次郎という人が、そのふちで馬の 足を洗っていると、そこへガンザブロウがあらわれて、馬の足 にかみつきました。おこった久次郎はかくとうのすえ、ガンザ ブロウのかた足を引きぬいて、家に持って帰りました。

そのばん、久次郎がねていると、まくらもとにガンザブロウ があらわれて言うことには、
「足を返してほしいんじゃ。返してくれたらおまえに、どんな けがにもよくきく薬の作り方を教えてやろう。わしはうそは言 わん。たのむから返してくれ。」
そう言ったと思うと消えてしまいました。

あくる日、久次郎は半信半疑のまま、ガンザブロウの足をか かえてそのふちに下りて行きますと、ガンザブロウは待ちかね ておりました。足を受け取ると、やくそくどおり「あいす」と いう薬の作り方を教えてくれました。

その後、ガンザブロウの悪さもぴたりとやんだそうです。 久次郎は聞いたとおりに薬を作り、ためしてみたところが、 びっくりするほどよくきいたそうです。そして、いつまでもそ の薬を作り続けたので、村人たちはたいそう助かったというこ とです。



TOP


 きつねの嫁入り(北島)

昭和の初めごろ、町から山の学校へかよっていた、ある女先生が、学校の 帰り道、実際に出あったというお話です。

そのころの山道はほとんどがせまくてがたがたで、坂道はけわしく、たい へんさびしいものでした。ことに、昔、大蛇が出たと言われる滝橋あたりは、 ぞっとするほどさびしい所でした。

ある秋の土曜日、一日の仕事を終えたその女先生は、四時ごろ学校を出まし た。極楽寺までいっしょにきた友とも別れ、一人、わが家へと急ぎました。 極楽寺から北島までの間には家はまったくありません。

上市川のせせらぎを聞きながら、暮れてゆくさびしい秋の道を歩き、よう やく北島の入口に近づいた時です。ふと右のかなたを見ると、川向こうの斉 の神あたりに、ちょうちんの明かりが、消えたりついたりして長い行列を作っ ています。
「今ごろ、あれはなんの明かりだろう。眼目の立山寺へ修行に来たお坊さん たちかな。」
と思い、急ぎ足で北島口のお地蔵さんの前を過ぎると、ちょうちんの明かり が川越えにゆれてしだいにこちらに近づいてくるのです。足は自然に速くな りました。

その時、ちょうど山へ帰る馬車ひきのおじさんに出会いました。
「ちょっと、馬車ひきのおじさん、あれ見られ、あの明かりこっちへたくさ んくるけど、何があったんけ。」

言われて気づいた馬車ひきのおじさんは、
「ありゃね、きつねの嫁入りだぞいね。いやだね。気いつけてだまされんよ うにいかれませ。」

馬車ひきのおじさんは、鼻歌を歌いながら山の家へと向かいましたが、女 先生は腰をぬかさんばかりの気味悪さにおそわれて、走り続けて家へ帰りま した。たどりついた時は、あせびっしょりだったということです。



TOP


 きつねお宮(法音寺)

今から六十年ほど前(大正の終わりごろ)のお話です。

上市の町もまだむかしのことですから、家の数が少なく、町でも、家がぽ つんぽつんと離れて建っていました。いちめん田んぼ続きで、馬の首につけ た鈴がチリンチリンと耳を楽しませてくれたころのことです。村と村との間 にはほとんど家がなく、夜は人通りもありませんでした。

法音寺のお宮様(村上神社)も田んぼの中にぽつんとありました。こんも りとした森に包まれて、お祭りのとき以外は人の出入りはあまりありません でした。このお宮様を昔から「きつねお宮」と呼んでいました。

ある日の夕ぐれ、一人のお百姓さんが親類へ行って帰るとちゅう、このお 宮様のあたりへ来た時、手ぬぐいでほほかむりしたおじいさんがあらわれた かと思うと、
「ついてゆくゆくコンコン。」
といいながら、宮の境内にすうっとすがたを消しました。

お百姓さんはびっくりして、あたりをみまわしましたがだれもいません。 目がくらんで、どこがどこだかまったくわからなくなり、田んぼに落ちてど ろんこになってはいまわりながら、手さぐりでようやくあぜ道を見つけて歩 いていくと、こんどは森の方からコンコン、コンコンときつねの声がします。 おそろしさのあまり、にげるようにして家に帰り、家族の者にそのことを話 し、その夜はそのままねてしまいました。

つぎの朝、近所のおじいさんに夕べのできごとを話しました。

すると、
「わしも以前、そんなめにあいましたちゃ。夕方には外に出られんちゃ。お そろっしゃな。」
と、おじいさんは、そのときの恐しさを思い出したかのように話してくれま した。それからは、人々はますます「きつねお宮」へ行かなくなり、たいへ ん淋しいところでした。今では、近くに工場や小学校、民家などがたくさん 建ちならび、人通りも多くなって、きつねの話しも聞かなくなりました。



TOP