ホーム

穴の谷の霊水

穴の谷の霊水  あなんたんのれいすい 

上市町黒川地区の丘陵地を登ったところに穴の谷霊場があります。 江戸時代、美濃国の白心(はくしん)法師がこの地で修行して以来、霊場として知られました。 参道から約30m階段を下った谷間に石像の薬師観音堂があり、そこにまつられた薬師如来像右横から湧き出る清水は、霊水として万病にきくと信じられ、全国から多くの人が訪れます。 環境省選定「全国名水百選」の一つです。


穴の谷の霊水

駐車場(有料)

駐車場を管理する黒川穴ん谷管理組合
※ポリ容器の購入や一輪車をレンタルできます。

参道(駐車場から霊場まで徒歩5分)

参道から霊場への階段

薬師如来堂

※階段の隣には、ポリ容器運搬用リフト
(有料)があります。

お堂奥の洞窟より湧き出る霊水

穴の谷霊水(穴の谷霊場)

■所在地 富山県中新川郡上市町黒川
穴の谷弘真会(霊場の管理運営) 
 TEL 076-472-4711
 FAX 076-472-4742
穴の谷駐車場等管理組合(駐車場の管理運営) 
 TEL 076-473-0754
■開場時間 7:00〜17:00
■年中無休 
■アクセス
[ 車 ]
・北陸自動車道 立山ICから12km、18分
・  〃    滑川ICから7km、13分
・富山地方鉄道 上市駅から8km、14分
※駐車場から穴の谷霊場まで参道(舗装路)を徒歩で5分


より大きな地図で 上市町の見どころ を表示

由来
 嘉永4年に、美濃国の白心法師がこの穴で3年3ヶ月修行し、諸国からその法を聞き参詣人も多くなったと伝えられる。
 以来、この穴での修行僧は数多く、近年では明治30年、能登の霊外悟道禅師が3年修行して、真の解脱を得た。このころから『行者穴』ともいう。また、昭和32年には広島の岡本弘真という女行者が訪れ、6ヶ年修行して「この穴の水は入巧徳水だ、病に苦しむ人に飲ませて欲しいとのお告げがあった」と遺言して去った。
黒川集落から穴の谷までの参道には、三十三の観音像が並び、各行者をしのぶ碑などが多いことからも、古来からの霊場であることがわかる。穴の谷の砂岩と粘板岩でできた三つの洞窟からなり、第一の洞窟の正面に薬師如来の石仏をまつり、その右横から清水が年中つきることなく湧き出ている。
 この霊水こそ、即ち『穴の谷の霊水』なのである。
 霊水に群がる善男善女は、『薬師如来に病気平癒を一心に祈願して霊水を口に運ぶ』。
 不治の病いが治った例は全国に限りなく、日々参詣者の耐えることがない『穴の谷霊場』の由来である。