ホーム

大倉山遊歩道

G 大倉山遊歩道(1,443.2m)

●シーズン:5月中旬〜10月(4月は残雪注意)
●登山口 -(3時間)- 大倉山頂上 -(2時間30分)- 登山口
●駐車場:
特に無いので、交通の邪魔にならない場所に停めましょう。

 上市町から県道上市北馬場線で馬場島へ向かう(車で20分ほど)。早月川にかかる剣橋を渡って道なりに200mほど進み、左にそれる脇道へ入る(※元の道をさらに行くと「いわな・山菜料理はやつき→」と「←大倉山登山口」の看板が見えるが、それが見えたら行き過ぎなので、50mほど、戻る)。2qほど走らせると舗装された林道(坪野・蓬沢線)に出るが、それを横切り、ほぼ正面に伸びる細い道へと進む(A)。
※この道は悪路のため、車は交通の邪魔にならないよう手前で停めておく。しばらく進むと、正面に大倉山周辺案内看板(B)、左に小さな堰堤のある広場に出る。そこから30mほど歩き進むと、草むらの中に登山口の標識がある。
 いきなり急登の尾根を歩くと、標高を記した白い御影石が見える。800m、1,000m、1,100m等と、小まめに設置されているので目安にすると良い。登山口から40分ほどで、杉の木がある標高850mの地点に着く、やや開け、休憩に良い。更に20分の急坂で、1,054mの尾根に出る。稜線はややゆるやかながら2q続き、滑りやすい最後の急坂を越えると、1,300m(C)の標識から30分ほどで頂上。
 山頂には小さいな石の祠と石碑がある。石碑に刻まれた笠の字は、この山を地元で笠ヶ岳、笠と呼ぶことにちなんでいる。
 [コースマップ]
大倉山頂上より望む剱岳
(A)大倉山周辺案内看板
(B)登山口