ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住 ご意見・お問い合わせ アンケート
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

町の出来事

弓の里歴史文化館で「森秀雄 蒐集品展」

[更新日:2012年4月2日]

 弓の里歴史文化館では、企画展「森秀雄 蒐集品展〜先人の足跡をたどる」が開催されています。

 教員でありかつ考古学者でもあった故 森秀雄氏が県内各地で採集した遺物1,222点と著書など8冊が展示されています。
 上市町に生まれ、数多くの業績を残した森氏は「富山県で最初の旧石器発見者」としても知られ、昭和23年に現在の白萩西部保育所横の赤土の中から旧石器を発見し、この発見の重要性と石器そのものの資料的価値から、眼目新丸山遺跡は北陸地方の旧石器時代遺跡を代表するものの一つとして現在でも高く評価されています。

 今回の企画展では、町に寄託された資料が一堂に会して展示されており、縄文時代のものを中心に、矢の先端につける石で作られたやじり、石鏃や石で作られた斧、玉飾りなど、地域の歴史を語る上で欠かすことのできない重要な資料を見ることができます。 
 
 この企画展「森秀雄 蒐集品展〜先人の足跡をたどる」は入場無料で5月27日まで開かれています。

お問い合わせ

生涯学習班