ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

町の出来事

上市町スポーツ少年団交流大会が開催されました

[更新日:2013年2月18日]

2月17日(日)平成24年度上市町スポーツ少年団交流大会が丸山総合公園総合体育館で行われ、町内のスポーツ少年団8団体、約100名が、交流の輪を広げました。

交流会では、参加した少年団が赤、青、黄色の3チームに分かれ、「わっかとおしリレー」、「玉入れ」、「ボール運びリレー」、「三角リレー」の4つの競技に挑戦しました。

最初の種目「わっかとおしリレー」では、出場選手全員が手を繋いで輪になり、フラフープを一周させるタイムを競いました。1回目は出遅れてしまった黄組でしたが、作戦タイムで熱心に練習し、2回目では接戦を制して、1位になりました。

運動会でおなじみの「玉入れ」では、玉を20個入れた後、審判から渡されるラストボールが入るまでのタイムを競うルールで行いました。 4〜6年生の部では野球のメンバーが多い赤組が有利かと思われましたが、最後の追い上げで青組が勝利をおさめました。

4人一組になっての「ボール運びリレー」では、両手の人差し指だけでボールを保持し、次の組に渡していきました。再スタートする組が続出する中、赤組が堅実に進み、一位となりました。

最後の種目「三角リレー」は、トラックが三角形になっており、カーブの走り方とバトンの受け渡しがポイントとなる競技でした。手に汗握る接戦でしたが、最後までバトンを落とさずに走ることができた赤組が一位でゴールしました。

優勝は宮川スポーツ少年団と上市サッカースポーツ少年団の合同チームの赤組、2位は上市中央ベースボールクラブスポーツ少年団と上市町柔道スポーツ少年団、北島スポーツ少年団による黄組。3位は上市町空手協会スポーツ少年団と少林寺拳法剱スポーツ少年団、相ノ木ッズスポーツ少年団による青組でした。

お問い合わせ

生涯スポーツ班