ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 定住・移住 ご意見・お問い合わせ アンケート
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

母子保健 妊娠・出産

[更新日:2020年4月1日]

妊娠したら・・・

妊娠された方は、「妊娠届出書」を持参のうえ、保健センターへお越しください。

 

母子健康手帳

 ・妊娠届を提出される際にお渡しします。

 ・妊婦自身の記入欄や保護者の記録欄等必要なところに記入しましょう。

 ・お母さんとお子さんの健康記録として大切なものです。

 ・診察や保健指導などを受けるときは必ず持っていきましょう。

 ・お子さんの予防接種の記録としても役立つものですから紛失しないようにしましょう。

※平成28年1月から、妊娠届出時に個人番号(マイナンバー)が必要になりました。
 
個人番号の確認と本人確認を行いますので、ご協力をお願いします。
 やむを得ない事情により代理の方が届け出る場合は、下記のものが必要になります。
 ・委任状
 ・妊婦本人の個人番号カード または 個人番号通知カード
 ・代理人の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)
 

<資料>
マイナンバーについての案内
委任状

 

妊婦一般健康診査受診票

 ・妊娠の届出と同時に14枚の妊婦一般健康診査受診票をお渡ししています。

 ・一般健康診査の費用が無料になりますので、県内の産婦人科病(医)院・助産師外来または
  妊婦健診が可能な開業助産所で出産までにお使いください。

 ・妊婦精密健康診査受診票と、産婦一般健康診査受診票の申請用紙が交付されています。
  
必要に応じ医療機関で証明を受け、保健センターへ提出し、受診票をもらって受診して
  ください。

 ・里帰り等により県外で妊婦健康診査を受けられる場合は、健康診査後の申請で康診査費用の
  全額または一部を助成します。
  
県外で受診される場合は県外用の受診票(領収書を兼ねたもの)と交換が必要ですので、
  お手数ですが事前に保健センターへお越しください。
 
 

妊婦歯科健康診査受診票 

 ・妊娠届を提出される際にお渡しします。

 ・妊娠期間中の健康状態が良好な時期に1回受診してください。

 ・上市町内の歯科医院で受けることができます(費用1000円)。

 ※妊娠に伴う生理的な変化により、妊娠中はむし歯や歯周病にかかりやすくなります。
     
また最近では歯周病が流早産の原因になることもわかってきています。 
 

 

パパママ教室

 ・安心して出産にのぞんでいただくために、下記のとおり教室を開催しています。

 ・対象の方にはハガキでもご案内しています。 

  対  象:初産の方で、ご夫婦そろって参加できる方
        (主な対象は妊娠24週から32週頃)

  会  場:上市町保健センター

  受付時間:午前9時〜9時30分

  内  容:赤ちゃんの特徴と扱い方について

       赤ちゃんの抱き方

       オムツの替え方
       沐浴の仕方

       夫の妊婦体験 など

  必要なもの:母子健康手帳、父子健康手帳、筆記用具、
        母子保健テキスト(お持ちでない方には当日お渡しします)

  日  程

        

2020年 5月 10日 (日)
7月 12日 (日)
        9月  13日 (日)
       11月    8日 (日)
2021年 1月   17日 (日)
        3月  14日 (日)

 中止になりました









産婦健康診査

・妊娠の届出と同時に2枚の産婦健康診査受診票をお渡ししています。
・産婦健診の受けられる、県内医療機関等で受診してくだい。
・受診前に、受診票と質問票を事前に記載して提出してください。
・県外の医療機関等で産婦健診を受ける場合は、事前に受診票の交換などの手続きが必要です。
 お手数ですが、事前に保健センターへお越しください。
・医療機関や健診内容により、自己負担金が生じる場合があります。
・紛失されても再発行できません。

 

県外里帰り出産時等の妊婦一般健康診査費助成について

 ・この制度は里帰り出産等に伴う県外での妊婦健診費用について、里帰り先での健康診査終了後、
  申請により健康診査費用を助成するものです。
 ・富山県内で受診した場合の健康診査費を上限として全額または一部を助成します。
 ・県外で受診される場合は事前に県外用の受診票(領収書を兼ねたもの)をお渡ししますので、
  お手数ですが里帰りされる前に保健センターへお越しください


 1 助成対象

 (1)妊婦一般健康診査受診日に上市町に住所のある方
 (2)県外の産婦人科病(医)院外来・助産師外来又は開業助産所で妊婦一般健康診査を受診
    された方

 2 助成方法
  県外の産婦人科病(医)院・助産師外来・妊婦健診が可能な助産所の窓口で支払った基本的な
  一般健康診査の料金を、保健センターへの申請手続き後に金融機関の口座に振り込みます。

 3 申請に必要なもの
 (1)上市町妊婦一般健康診査受診票兼健康診査費領収書
           (窓口で県内用の受診票と交換します)
 
(2)上市町妊婦一般健康診査費助成申請書兼請求書
       (窓口でお渡しします)
 
(3)母子健康手帳(妊婦健診記録の記載があるもの)
 (4)本人名義の金融機関の通帳(ゆうちょ銀行を除く)
 (5)印鑑(シャチハタは不可)

 4 入金
  
申請後、書類審査を行い、指定された口座に振込みます。

 5 請求できる費用の額
  
受診毎に、町が定めた助成額を限度としてお支払いします。

 6 申請窓口
  上市町保健センター(つるぎふれあい館 2階)

 【注意点】
 1 申請は、妊婦健診最終受診日から2か月以内に行ってください。
   (複数回まとめての申請もできます)
       
ただし、妊婦健診最終受診日が3月の方は、翌月の4月末までに申請を行ってください。
 
 妊婦精密健康診査・産婦一般健康診査は、県内の産婦人科病(医)院での受診に限ります。
 3 健康診査料金は、各々の健康診査受診機関で異なりますのでご了承ください。

 

 

お問い合わせ

保健班