ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 移住・定住 ご意見・お問い合わせ アンケート
「確かな地域力」で創る存在感あふれる上市

新しい洪水ハザードマップについて

[更新日:2020年6月1日]

上市町では、新しい洪水ハザードマップを作成しました。
 新しい洪水ハザードマップは、「想定最大規模」(表面)と「計画規模」となっています。

 近年のゲリラ豪雨増加や台風被害の頻発により、平成27年に水防法が改正され、想定しうる最大規模の降雨を前提とした浸水想定区域図を作成することとされました。
 これを受け、町では従来の浸水想定規模である「計画規模」の見直しに加え、新たに「想定最大規模」の洪水ハザードマップを住民の皆さんに配布し周知いたします。

「想定最大規模」のハザードマップで最悪の事態に備えましょう

●「想定最大規模」とは
 想定しうる最大規模である1000年に1度の規模(上市町を流れる河川流域の24時間総雨量が723mm〜813mm)の降雨による洪水を想定したもの(新たな想定)

●「計画規模」とは
 「河川整備の目標とする降雨」である50年に1度の規模の降雨(上市町を流れる河川流域の24時間総雨量が166.1mm〜273.8mm)による洪水を想定したもの(従来の想定)
※「計画規模」のハザードマップには、10年に1度の規模の降雨(1時間57mm)を想定した「内水ハザード」も表示しています。

洪水ハザードマップ(想定最大規模)

洪水ハザードマップ(計画規模)

ハザードマップ配布用チラシ

お問い合わせ

防災班