ホーム

中山遊歩道

@ 中山遊歩道(1,255.2m)

●シーズン:6月〜11月(5月は残雪注意)
●登山口
-(1時間30分)- 五本杉の平‐(20分)-中山頂上 -(1時間10分)- 東小糸谷登山口
●駐車場:中山登山口、橋を渡った左側に駐車場がある。
     馬場島荘での食事、入浴や休憩もできる。

 馬場島の立山川と白萩川の合流地点左岸に中山登山口の標識がある。登り始めてすぐに急な階段が始まる。取り付きから30分ほど登ると、対岸に細蔵山、大猫山、猫又山の全景が見えてくる。
 主稜線へ出ると、立山杉の巨木が並ぶ。「五本杉の平」として知られ、大きなものは幹周りが10mを越え、樹齢は千年を越えるといわれる。ここから右手に大日岳が見えはじめる。傾斜の緩い尾根を20分も登ると中山頂上に出る。眼前には早月尾根、剱岳山頂、剱尾根、小窓尾根マッチ箱ピークなど、剱岳の展望が広がる。
 頂上の登ってきた道とは反対側に、平成17年に完成した登山道がある。右手に早月尾根を見ながらミズナラ、ブナ、杉など林の間を行く。標高1,000m付近に作られた展望場所は、ブナクラの谷と大猫山、赤谷山が正面に開けている。以降は、東小糸谷沿いに3回の沢渡りをしながら沢伝いにしばらく歩くと立山川の左岸に出る。作業橋を渡り、下流に歩くこと15分にて馬場島荘に辿り着く。
 [コースマップ]
中山山頂より望む剱岳
五本杉の平
(A) 登山道
B) 沢を渡る