ホーム くらし・環境 子育て・健康・福祉 教育・歴史・スポーツ まちづくり・産業 観光情報 町の紹介 事業者の方へ 移住・定住 ご意見・お問い合わせ アンケート
つながる にぎわう ささえあう すべては私とミライのために みんなが主役のまち 上市 つながる にぎわう ささえあう すべては私とミライのために みんなが主役のまち 上市

町の出来事

JFAこころのプロジェクト「夢先生」

[更新日:2021年11月25日]

 11月24日から26日までの3日間、町内小学校で日本サッカー協会のJFAこころのプロジェクト「夢の教室」がオンライン形式で行われています。

 この取り組みは、「夢を持つことや、その夢に向かって努力することの大切さ」「仲間と協力することの大切さ」などが伝えられます。また「夢シート」を使って将来の夢などを文字にすることや、言葉で発する時間が設けられています。

 今回は、オリンピックメダリストの星奈津美さん、フリーアナウンサーの小倉星羅さん、野球チームの茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美さんがそれぞれの学校の「夢先生」となり

授業が行われています。

 11月25日、宮川小学校の5年生の授業の様子を伺いました。

IMG_1696.JPGIMG_1710.JPG

IMG_1711.JPGIMG_1734.JPG

 この日は、星奈津美(ほしなつみ)さんが授業を行い、水泳を始めた頃やオリンピックに出場したときのことなどの自身の経験や、これまで学んだことを児童らに話しました。

 その中で、「当たり前に感謝すること」、「夢は自分一人の夢ではないこと」、「悔しい経験は成長のチャンス」の3つのことを児童らに伝えました。

 児童が星さんに夢を発表する時間では、中学校の先生や、ユーチューバー、声優・歌手、プロゲーマー、農家、サッカー選手などの夢が聞かれました。

 後日、児童らが作成した「夢シート」に夢先生のサインがされ、手元に届くそうです。 

お問い合わせ

情報班